Home > 制服 > マンガクリエイタースクールデイズ 2

マンガクリエイタースクールデイズ 2

マンガクリエイタースクールデイズ 2マンガの1ページにありそうな男女の
学園アニメシチュエーション着せ替えゲーム第2弾。

今回は何かを見てしまったようなシチュエーションが作れそうな設定となっていて、男性側・女性側を選択して後に出てくるメニューより肌の色、表情、瞳の色、服装、髪型アクセサリーなどを選択していこう。画面下からは背景の設定、その隣にあるカメラアイコンからはスクリーンショットを撮る事ができます。


スポンサーリンク

関連している着せ替えゲーム

  • マンガクリエイタースクールデイズ 3
  • マンガクリエイタースクールデイズ 4
  • マンガクリエイタースクールデイズ 15
  • マンガクリエイタースクールデイズ 5
  • マンガクリエイタースクールデイズ 16
  • マンガクリエイタースクールデイズ 14
  • マンガクリエイタースクールデイズ 10
  • マンガクリエイタースクールデイズ
  • マンガクリエイタースクールデイズ 6
  • マンガクリエイタースクールデイズ 7
  • マンガクリエイタースクールデイズ 11
  • マンガクリエイタースクールデイズ 8

同じカテゴリーの着せ替えゲーム

アニメ スクールユニフォーム 2
アニメ スクールユニフォーム 2

多種多彩にある学校の制服着せ替えゲーム第2弾。 左側からのメニューから表情、髪型、頭飾り、カバン、アクセサリー、トップス、ボトムス…

スリー スクール キューティーズ
スリー スクール キューティーズ

学校へ行く3人の女の子の着せ替えゲーム。 右側のメニューから髪型、トップス、ボトムス、タイツ、靴、カバン、メガネ、アクセサリー、本…

セーラー ガール 2
セーラー ガール 2

セーラー服衣装の女の子2人の着せ替えメイクアップゲームの続編。 前作と同様に、下のメニューからまゆ毛、マスカラ、瞳の色、アイシャド…

セーラー ガール メイクアップ
セーラー ガール メイクアップ

セーラー服衣装の女の子2人の着せ替えメイクアップゲーム。 下のメニューからまゆ毛、マスカラ、瞳の色、アイシャドウ、口紅、チークなど…

ハーバード デイズ
ハーバード デイズ

ハーバード大学を下見に来た女の子の制服着せ替えゲーム。 左側のメニューからまゆ毛、マスカラ、瞳の色、アイシャドウ、チーク、口紅など…

ファースト デイ オブ スクール ドレスアップ
ファースト デイ オブ スクール ドレスアップ

初めて登校する学校に行く服装着せ替えゲーム。 左側のメニューから髪型、頭飾り、メガネ、アウター、トップス、ボトムス、靴、カバン、本…

マンガクリエイタースクールデイズ 16
マンガクリエイタースクールデイズ 16

学園アニメシチュエーション着せ替えゲーム第16弾。 今回は顔が近い男女2人のシチュエーション作っていく内容となっていて、着せ替えた…

マンガクリエイタースクールデイズ 15
マンガクリエイタースクールデイズ 15

学園アニメシチュエーション着せ替えゲーム第15弾。 男女が言い合いをしているかのような2人のシチュエーション作っていく内容となって…

メイド ファッション ドレスアップ
メイド ファッション ドレスアップ

メイド服に着替える女の子着せ替えゲーム。 右側のメニューから髪型、ヘッドドレス、ネコミミ、メガネ、メイド衣装、タイツ、靴などを選択…

シャイ スチューデント ドレスアップ
シャイ スチューデント ドレスアップ

学校の制服を着ている女の子着せ替えゲーム。 左側のメニューから髪型、髪飾り、瞳の色、インナー、リボン、トップス、スカート、靴下、靴…

26 Comments

  1. みかみか☆

    お話です(^^♪

    京子「優太だぁ。」

       

    玲愛「ホントだ!」

    優太「あ!京子!!」

    京子「あっ、今日は!佐倉京子と申します。貴方は?」

    苑子「水島苑子です!」

    京子「うん、宜しくね♡」

    苑子「佐倉さん!話したいことがあるので、一緒に帰りませんか?」

    京子「いいよ!帰ろっ♪皆じゃぁね!」

    パタパタパた・・・・・・。

    京子「それで、話したいことって・・・?」

    苑子「優太君が、好きになっちゃって・・・。」

    京子「そうなんだ!頑張ってね♡」

    次の日・・・

    京子「えっ優太のアドレス?」

    京子「もちろん、教えるけど、水島さんどうしたの?」

    苑子「私、頑張りたいんだ。」

    京子「頼ってくれるなんて嬉しい♪」

    苑子「ありがとう!私、告白しようと思うの。」

    京子「その前に、髪セットしなきゃね!」

    京子「いってらっしゃい!」

    苑子「優太君、好きです!!////////」

    優太「ごめん、俺、好きなやついるんだ。」

    苑子「そう・・・ですかぁ・・・・。」

    京子「水島さん、だめだったね・・・。」

    優太「きょっ・・・京子!?」

    京子「優太ァ!水島さんの何処がいけないの!?

    優太「わかんねぇの!?」

    優太「俺は、京子が好きだってことを!!」

    京子「はぁ?何それ・・・?」

    京子「水島さんの前で言わないでよ!!」

    優太「なんでだよ・・・?」

    京子「水島さん、振られたのに、こういうとこ、見ていい気分じゃないでしょ!?」

    京子「どうしてわからないの・・・?!」

    京子「人の気持ち、考えたことある?」

    京子「水島さん、ごめんね?実は私も優太が、好きだったんだ。」

    苑子「大成功—ーーーーーー!!!」

    京子と優太「はぁ?」

    京子「大成功とは・・・?」

    苑子「くっ付き作戦でしたww」

    苑子「おめでとう!詰まり、告白も、ワザとww」

    京子「そぉ~のこぉ~!!」

    私たちは、永遠に愛し合える恋人だから、

    京子「もぉ、許すマジカルぅ!」

    苑子「マジ
    かぁ~ww」「あはははは!」

    素直な気持ち、隠さない。

    貴方は、どう思いますか?

    ✿終わり✿読んでくれて、ありがとう♪

  2. キャラメル

    物語を書きます。

    左の女子・水原 アカネ 右の女子・伊井原ナオミ 真ん中の男子・無花果 カオル 右の男子・荒田 レオ 端の女子・黄緑 ミカ

    アカネ「それでねーキャンディーかじったら弟が歯が折れたのぉwww」

    ナオミ「うっそぉーwww弱いのwww弟君wwww」                                                     私たちは学校から帰っていた。                                                                アカネ「たまにはこっちから行かない?ここパフェカフェあるからさぁー❤」                                      ナオミ「縁結びの道としても有名だしね♪・・・。カオルと帰りたかったのになぁ~今頃用事があって忙しいんだろうなぁ~」          そう。私には彼氏が居る。名前は無花果 カオル。美少年でモテテいる。カオルには兄貴が居る。実際あったことは無いんだけれども。その兄貴と同級生のアカネのお兄さんが『ソイツはかなりモテテいるぞ!。チョコ30個貰って半分分けてもらってさぁww』と言うくらいかっこいいらしい。カオルの母親はカリスマ美容師。父親はIT企業に勤めている親もスゴイ。・・・そして、カオルと帰ろうとしたら、『ごめん!用事があるんだ!』と言って去って行った。いやな予感はしたんだけども・・・。                                 アカネ「あ!パフェカフェ!あった~!!!」                                                        ナオミ「ウソ!?やったね!」                                                                 カオル「それでね!見つけたんだ!・・・君の為に。」                                                   ミカ「ウッソォ!?う・・・・嬉しい❤」                                                              アカネ「・・・っ!?あ・・・あれは!」                                                              ナオミ「えー?何何~・・・っー!」                                                               レオ「ヒューヒューwww暑いぜぇ!」                                                             ミカ「で・・・・でもさ・・・・彼女・・・・いたでしょ?カオル君」                                                 カオル「あんなブスとは別れてるって!。君の方が美しいんだ」                                             ミカ「・・・・うん。嬉しいよ❤あんなやつよりいいよね・・・?」                                               アカネ「っ!あんにゃろぉー・・・・」                                                               ナオミ「ぅっ・・・・ぅうううぐずっふぐっ」                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           おしまい。見てどうでした?閲覧ありがとうございましたm(_ _)m

  3. ねね♪

    美紀「うわ、転校生、優輝先輩のあんなそばに・・・」

    美咲「ほんとだ。もう絶対紗菜とは話さなーい」
    美紀「ウチもー」 
    優輝「おい、みろよ。転校生を俺のものにしたぜ。」
    直斗「マヂかよーw」   
    紗菜「(この人たち・・・誰。)放して・・・」            
    優輝「だめだ。反抗するなら、お仕置きやな」  
    読んでくださってありがとうございました。

  4. 春子

    お話、書かせていただきました☆第2話★
    新しい登場人物 右の女子 菜月の友達 杏 男子といる女子 紅葉(くれは) 左の男子 陽彩(ひいろ)
    杏「で、帰り、チョコパフェおごってくれるわけ?」菜月「んー、誕生日だからしょうがないっ!おごってやるっ!」私はそう言って杏の脇腹をつついた。
    杏「キャーやめてよ!!」
    帰り道、私は友達の杏と、キャッキャ言いながら、帰っていた。
    杏「あれっ?蒼たちだ。」
    え?蒼?
    私は、杏の指さしている方向に、ふっと振り向いた。そこには肩ぐらいまでの髪の女の子と蒼より少し背が高い男子一緒に蒼がいた。
    菜月「ちょい待って、あの女、誰?」
    私はその女をまじまじと見た。
    杏「彼女?うそぉ、あいつに彼女なんていたの?笑えるww」
    杏は笑っているけど私は混乱していた。
    あいつが、蒼の彼女?蒼が好きだったのはあいつだったの?確かに女子っぽいけど、だとしたらあの男は誰?
    杏は私が混乱している様子に気が付いたみたいで、
    杏「どした?気持ち悪い?水飲む?」
    と、私に水を差しだした。
    菜月「いいや、大丈夫。あの女が蒼の彼女って考えたら頭が混乱しちゃって、、、、。」
    杏「もしかして、、菜月、蒼のことが好きなの?」
    ズキっっっっっ!!大せいかーい
    菜月「なぜわかった、、、、、」
    杏「いや、普通そんな反応しないっしょ」
    その時蒼が私たちに気付いたみたいで、3人がこっちに来る。
    蒼「よぉ、菜月」
    菜月「よぉ(苦笑い)」
    杏「おー蒼!!蒼にもカノジョできたかー!?!?」
    私はその言葉に返す答えが気になり過ぎて、蒼をガン見してしまった。
    蒼「菜月!?!?大丈夫か!?!?っていうか、こいつは俺の彼女やない。俺の兄貴の陽彩の彼女さん、紅葉さん」
    陽彩「あ、あなたが蒼の言ってた菜月ちゃんか。可愛いお顔立ちをしとるねぇ。」
    菜月「えっ、いやいやそんなことないですよー((ノェ`*)っ))タシタシ彼女さんと、友達の杏のほうがもっと可愛いですよ!!」
    私は杏のほうを慌てて指さした。
    陽彩「杏ちゃん?っていうんだ。菜月ちゃんに負けないくらい可愛いねぇー。」
    杏「いやいや、彼女さんのほうが!!!」
    陽彩「いや、そんなことないよー。彼女より杏ちゃんのほうがカ・ワ・イ・イ・♡」
    杏・菜月・蒼「あ、やばいよ」
    横を見ると彼女さんの紅葉さんがすごい顔でこちらをにらんでる。
    紅葉「ひーいーーろー!!!!!!今の言葉、どういうことだ―――――!!!」
    紅葉さんが陽彩さんのことを追いかけまわしてる。こんな喧嘩、いつもしてるのかなぁ?
    菜月「ねぇ、蒼、あの二人大丈夫?別れたりとかしない?私たちのせいで別れられたら困るんだけど。」
    蒼「いや、大丈夫だよ。あの二人は仲いいからさ。いつもこんな感じだって。」
    菜月「そっか。よかった^^」
    私は蒼にニコッとスマイルを送った。なんでぽろっとこういうの出ちゃうんだろう。.やはり恥ずかしい(/ω\)
    蒼のほうをちらっと見ると蒼がめっちゃ顔赤くしてる。タコみたい。
    杏も同じことを思ったようで、この場の空気を治そうと、蒼をいじりだした。
    杏「蒼、熱?顔赤いよ。やだ、たこみたーい!!!」
    私も一緒にいじりだした。
    菜月「ホントだほんとだーー!名前は、青系なのに顔は、赤系なのね!!たこ君ww」
    蒼「た、たこたこいうなー!!」
    紅葉さんが、追いかけるのが疲れたのか、こちらに来た。
    紅葉「ねえ、せっかくだから一緒に帰りましょうよ。陽彩はお・い・と・い・て・♡」
    私たちが陽彩さんのほうを一斉に見た。陽彩さんは、ガムテープでぐるぐる巻きにされている。
    私たちは改めて紅葉さんの怖さを知った。
    蒼「い、いいですいいですっ。二人でらぶらぶしながらかえってください!!」
    紅葉「そんな―気を使わないでいいのよっ♡」
    蒼・杏・菜月(気を使わせてください、気を使わせてください、お願いします)
    紅葉「よしっきーまりっ♡焼肉屋へgo!!私のおごりでーす!!」
    や・き・に・く!!!
    杏「ぜひ、ぜひ、おねがいしますぅぅぅ!!」
    菜月・蒼(馬鹿、あいつは食べ物につられるんだから。このやろぉぉぉお!!!!!)
    ということで、私たちは、陽彩さんを置いて、焼肉を食べに行くことになった。
    でも、蒼に彼女がいなくてよかった・・・。卒業までに、蒼の彼女になってやるぅぅぅ!
    また幼稚園の頃みたいになれればなぁ。
    一歩、蒼に近づきました。

  5. なづな

    1話                  にいな               ゆうぎ とうま
    「あ~もう‼あいっつはー」私は、中2、園田川 新菜 生徒会長です。そして、超~問題児、裕義 冬真に、ストーカーされています。キーンコーンカーンコーン「あー終わった~」「ニーちゃん♪ちょーど、こっちも終わったの」実は、双子がいる。アイドルの… 璃奈。『りりにゃー☆彡』が愛称のアイドルタレント。うぁ…あいつ 隣のクラスの、井伊子(いいこww)サンにナンパしてる。成績、良い子なのに。「ジーと見てて~ヤ・キ・モ・チ~?ニ~ちゃーん・・・」あ・・悪魔、璃奈…「ちがうにきまってんでしょー」まぁ、小学校は、6年からあいつが転校してきたから、2年間一緒。…星のピンを、もらったこともある…「りりにゃ~♡♥」うぁーーー暑苦しいヲタクが~「璃奈、ヲタクが~帰ろっ‼」あっもーどうなることやら…
    2話は3で

  6. みょん

    双子と外国の転校生できた!兄は友達連れて店行ってその子と友達から始めたいけど、その子が超恥ずかしがり屋で、妹に手伝ってもらうことに!
    兄「・・・(あれ成功すんのかよ)」友達「どうかしたん?」兄「いや別に何も?」
    妹「レッツゴートゥマイブラザー!」外国の転校生「No!\\\\\」

    1. 名無し

      場所を弁えたらどうですか?
      ここはコメントスペースといい、意見や感想を残す場のはずですよ。
      訳の分からない話を載せる場ではないこと、わかってますか?
      このサイトは使用年齢層が低めなのでしょうか、一般常識を弁えていない方がいらっしゃるようですね。
      小説家気取りになっている恥ずかしいみかみか☆さん、キャラメルさん、ねね♪さん、春子さん、なづなさん、みょんさん
      それと、どうやら勘違いをしているやっちーさん、bhykbyykhさん
      迷惑だと思う方もいます、妄想は自分の頭の中で膨らませてください。
      長文、失礼いたしました。

      1. YURI

        名無しさんへ
        貴方のコメントのすべてを否定したいわけではないのですが、「わけのわからない話」というのは、書いた方に失礼ではないでしょうか。確かにここにお話をのせることをいいとは思いません。ですが、「訳のわからない話」というのは、失礼だと思います。それに、「小説家気どりになっている恥ずかしい」という部分も、お話を書いている人に失礼だと思いませんか?確かにお話を書くことを迷惑だと思う人もいます。でも、あなたのコメントを見て、傷ついた人もいるのではないでしょうか?
        あなたの書いている内容は間違えているとは思いませんが、もう少し言葉遣いを考えていただきたいです。
        長文、失礼いたしました。

  7. BTS

    香音の友 愛実                                                香「はぁまじあいつうざい」愛「え?もしかして、雅人君?」香「う、うんあいつのこと好きとかいうやつおかしいよねー」愛「香音、わたしぃ雅人君のこと好きなんだけど……」香「うそぉ?マジか……ご、ごめんね」愛「ううん、いいの……あ、もうすぐ授業始まるねまたあとでねー」香「あーうん…….」

  8. めんま

    1の続き
    新登場人物
    奈菜香 結衣の友達
    咲   悠の側にいる女子

    結「あっ、奈菜香っ悠だ。」
    結「呼んでみよ。ゆーぅ、、あっ」
    咲「悠くーん、合コン人数足りないからきてーー」
    悠「いつ?」
    咲「日曜だけど空いてる?」
    悠「あー、、大丈夫。」
    咲「やったー、ありがと」
    悠「おう」
    結(日曜は、私と出かける予定、、、)
     ブッブ(メール音)
    悠(日曜行けない)
    結(悠のバカッ)
    3に

  9. 白犬

    「出会いそして怒り」                                                                       麗華(左)「ちょっと、やばいの見たかも、、、」

                                                       桃音(右)「どうした?ってあれ女の子、他校の生徒じゃん!!」                                             麗華「知ってんの?」                                                                       桃音「まぁね、しかも、あのセーラー服女子高!!!」                                                  麗華「それやばくない?ここはどこいっても自由だけど、女子高ってだめでしょ!!」                                桃音「はっ!!しかもその女の子の隣にいるのは!同クラで学年1のモテ男!れん君じゃん!まさか他校にも手出すなんて、、」    麗華「どの人?ってもしかしてあの人!?」                                                         桃音「そうだよ~」                                                                        麗華「あいつ~、、、」                                                                      桃音「知ってるの?」                                                                       麗華「知ってるも何も、、、、、とにかく、あいつはやなやつなの!!!」                                        桃音「うん?」                                                                                3に続く


  10. お話書きます  真ん中の女の子・・・主人公 春川 桜 右の男の子・・・主人公の恋人 速水 建都 
             右の女の子・・・主人公の親友 蒼井 朱莉  この三人が主な登場人物です。
    第一話
               私と建都君は付き合っているでもこの関係は誰にも秘密・・・

    今日は建都君のサッカーの試合親友の朱莉と一緒に応援に来ました。もちろん朱莉にも私達の関係は秘密

          桜「今日は付き合ってくれてありがとね、朱莉」
         朱莉「別にいいよ、それにしても珍しいね桜がサッカーなんて。もしかして好きな人でもいるの?」
          桜「べ、別にそんなんじゃないよ。なんとなくっていうか。・・・」
         朱莉「ふーん」
          桜「何?」
         朱莉「べっつにー。ま、私も来たかったんだけどね・・・」
          桜「?、何か言った?」
         朱莉「何も」
          桜「そう。あっ始まったよ!」
          桜(建都君、かっこいいなー)
         朱莉「かっこいいね、建都君。・・・」
          桜「えっ」
         朱莉「あっえと、な、何も言ってないよ。ちょ、ちょっと飲み物買ってくるね。」
          桜「あっ、うん」

          朱莉、もしかして・・・・・・。         
                                           第二話に続く。

コメントを残す

また着せ替えゲームで遊びたいと思ったらお気に入りに追加、もしくは検索エンジンなどで【 きせぱら 】って検索してみてね!